Media Integration
オンラインストア

0
並び替え
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • 新しいものから
  • 古いものから
  • 製品名(A→Z)
  • 製品名(Z→A)
  • 人気のアイテム

 

Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE + SoundID for Multichannel with Mic
  • Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE + SoundID for Multichannel with Mic
  • Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE + SoundID for Multichannel with Mic
  • Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE + SoundID for Multichannel with Mic

Apogee + Sonarworks

Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE + SoundID for Multichannel with Mic

Apogeeフラッグ・シップ・モデルのThunderbolt版にSonarWorksマルチチャンネル対応スピーカーキャリブレーションをバンドルセットで!

通常価格:1,537,800円(税込)

1,463,000円(税込)

1,330,000円(税別)

0

ポイントについて詳しくはこちら
会員登録済みの方はログイン
      

日本先行 Bundle Apogee x Sonarworks

キャンペーン期間: 1/10 - 3/31 23:59

全商品ラインナップはこちら

在庫2点あり:2営業日以内に発送(土日、祝を除く)
在庫数を上回る数量をご注文時、不足分は約60日で発送予定

数量:

MIオンラインストアでは12回まで無金利でローン支払い可能です!各種お支払い方法についてのご確認はバナーをクリック/タップしお進みください。


プロモ情報

日本先行 Bundle Apogee x Sonarworks

キャンペーン期間: 1/10 - 3/31 23:59

全商品ラインナップはこちら

32x32SE Analog I/O SEバージョンとしてより品質を向上した2023年発、新モデルとなります

インプット
・ アナログ入力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス入力 x 16ch
・ S/PDIFコアキシャル入力: RCA同軸 x 2ch
・ アナログ入力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス入力 x 16ch
・ S/PDIFコアキシャル入力: RCA同軸 x 2ch
アウトプット
・ アナログ出力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス出力 x 16ch
・ S/PDIFコアキシャル出力: RCA同軸 x 2ch
・ アナログ出力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス出力 x 16ch
・ S/PDIFコアキシャル出力: RCA同軸 x 2ch

APOGEE Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE と Sonarworks SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box) をバンドルセットで!

APOGEE Symphony I/O MKII Thunderbolt 32x32SE 伝説的サウンド・クオリティ

Symphony I/O Mk IIは、Apogeeの最新フラッグシップAD/DAコンバータを搭載した、マルチ・チャンネル・オーディオインターフェースです。最大で32入出力を可能にする豊富なI/Oモジュールと直感的なタッチスクリーン・ディスプレイを採用し、さらにワールドクラスのマイクプリ・オプションを追加することも可能です。
オーディオ・レコーディング、ミキシング、マスタリングにおいて、プロフェッショナルが要求するサウンド・クオリティをSymphony I/O Mk IIは、現代のスタジオにおいて、あらゆる音楽制作の究極的かつ最重要のデバイスとなることでしょう。さらに、Symphony I/O Mk IIは3つの全く異なるプラットフォーム - Thunderbolt、Pro Tools HD、そしてWaves SoundGridネットワーク - へのダイレクト接続を可能にします。

Immersive Audioへ対応 ※2022年6月よりリリース

Apogee Symphony I/O mk2 のソフトウェア・アップデートがリリースされました。本アップデートによりDolby Atmos、360 Reality Audio などのイマーシブ・オーディオの制作に最適なモニター・システムを簡単に設定、操作でき、最大32のスピーカー出力をコントロール可能になりました。

フロントパネル・タッチスクリーンで多彩なコントロールが可能

Symphony I/O Mk IIで必須となる入力および出力の設定は、フロントパネルのタッチスクリーンで行うことができます。入力の選択、モニターレベルの調整、マイクプリのゲイン、他のアナログ機器に合わせてSymphony I/O Mk IIをキャリブレートする、といった操作まで可能です。
高精細TFTディスプレイは、レコーディングおよびモニタリングにとって最重要となる視覚的なフィードバックを提供します。コンピューターの画面を見ることなく、64チャンネル(32IN - 32OUT)のメーター、シグナルレベル、位相、ミュート、ファンタム、Soft Limit設定をSymphony I/O Mk IIだけで確認することができます。

柔軟な入出力オプション

Symphony I/O Mk IIは、あらゆるユーザのためのソリューションとなります。ホーム・スタジオ、プロジェクト・スタジオ、商業レコーディングから、スコア収録まで。2x6、8x8、16x16、そして8x8+マイクプリ、ベースとなる4つのI/Oコンフィギュレーションから選択し、スタジオ規模に合わせて後から簡単に拡張することもできます。2つのモジュールスロットには、最大32入出力に対応するAD/DAコンバータを搭載可能です。同一カテゴリのインターフェースと比較しても、Symphony I/O Mk IIは1チャンネルあたり最高のバリューを提供します。

良質なAD/DAコンバータが必要な理由とは?

レコーディングにビンテージのNeveコンソールや、素晴らしいコンディションのNuemannマイク、多彩なマイクプリアンプを使ったとしても、アナログ機器の細かなニュアンスをDAWでとらえるためには、高品質なADコンバーターが必ず必要です。こうしたコンバータがなければ、微細なディテールの多くは失われ、どんなプラグインを使っても後から加えることはできません。同様に優れたDAステージも、録音されたオーディオ・トラックを精確に認知するために必要不可欠です。ミキシングで使用するスピーカーによらず、もしコンバータがオーディオに何らかのマスキングや色付けしてしまうようなら、コンプレッションやEQ、その他のエフェクトもかけすぎた上、解決できるはずのディテールの問題も見逃してしまうでしょう。
Symphony I/O Mk IIなら、より鮮明に各トラックとミックスの構成をとらえ、理知的な調整と理想的なバランスを得やすくなるはずです。

接続可能なプラットフォーム

Thunderbolt

Thunderbolt

Pro Tools HD

Pro Tools HD

Waves SoundGrid Network

Waves SoundGrid Network

特徴

  • 他のThunderboltインターフェースを凌駕するAD/DAコンバータを搭載
  • 最大32チャンネルのモジュラー式アナログI/O構成、オプションで8チャンネル・マイクプリも搭載可能
  • 同カテゴリのインターフェースと較べ、1チャンネルにつき最も高いバリューを提供
  • Thunderbolt、Pro Tools HD、Waves SoundGridネットワークの接続方式を選択可能
  • 超低レイテンシー・パフォーマンスを実現
  • 直感的なタッチスクリーン・ディスプレイとフロントパネルによるオペレーション
  • カリフォルニア州にて設計、メイドインU.S.A.

関連動画

イントロダクション・ムービー - Symphony I/O Mk II featuring SayReal and "Want Some"

Sonarworks SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box) マルチチャンネル対応スピーカーキャリブレーション

SoundID Reference for Multichannelは、シンプルなステレオから9.1.6atmosシステムまでのスピーカーセットアップに正確で信頼性の高いリファレンスサウンドを提供します。また、ヘッドホンにも対応しており、増え続けるヘッドホンのプロファイルデータベースから480以上のヘッドホンモデルをキャリブレーションして、ヘッドホンとスピーカーの間で一貫したリファレンスサウンドを実現することができます。

特徴

信頼性が高く、安定した、使いやすい、すべてのオーディオシステムのためのキャリブレーションソフトウェアです。

  • ステレオから9.1.6チャンネルまでのオーディオシステムの正確なスピーカー測定とキャリブレーションを行います。
  • 高精度SoundID基準測定マイクロホン、個別のマルチアングル校正カーブ付き
  • 480以上のモデルですぐに使えるヘッドホンキャリブレーション

目標とする音をコントロールする。

  • 全世界で10万人以上の音楽クリエイターが使用するフラットなターゲットカーブ
  • キャリブレーション周波数範囲の制限やターゲットカーブの手動調整により、ターゲットをカスタマイズすることが可能

高性能で柔軟性がある。

  • マルチチャンネル用ゼロレイテンシー・プラグインDSP
  • 高精度時間遅延校正のためのチャンネル間位相調整機能
  • アップルシリコンプラットフォーム/M1チップのネイティブサポート

対応ハードウェアにキャリブレーションプロファイルを書き出す。

  • SPQ DSPを搭載したAVID MTRX
  • AVID MTRXスタジオ
  • SPQ DSP搭載DAD AX32
  • Dolby Atmos Renderer マスタリングスイート
  • ジョーンズ・スキャンロン スタジオモニター
  • 2022年にはさらに多くのハードウェアをサポート

同梱物

  • 製品ライセンスのアクティベーションキー:3台のマシンで製品をアクティベートして使用することができます。
  • SoundID Reference マルチチャンネル用DAWプラグイン(AAX, AU, VST2, VST3)
  • SoundID Reference ステレオ用スタンドアロンアプリ(ASIO, WASAPI, APO, HAL)
  • SoundID基準測定用マイクロホン(XLR接続、個別キャリブレーションプロファイル付き
  • Ø21~26mmマイクロホン用クリップ、5/8インチねじ込み式

システム要件

  • Mac:macOS 10.14; 10.15; 11 Big Sur; 12 Monterey
  • PC:Windows 10; 11
  • マルチチャンネル・システム測定用マイクスタンド
  • スピーカー測定時のオーディオインターフェース要件
  • +48v ファンタム電源対応
  • 入出力に同じオーディオ・インターフェイスを使用すること
  • オーディオインターフェースは、以下のサンプルレートフォーマットのいずれかに対応し、設定されている必要があります。44.1kHz, 48kHz, 88kHz, 96kHz, 192kHz
  • オーディオハードウェアのセットアップは、単一の外部ハードウェアデバイスのみで構成されている必要があります(追加のプリアンプユニットはサポートされています)。
この商品に似ているおすすめ商品

売上ランキング