Media Integration オンラインストア

0

SEQ-S

NUGEN Audio

SEQ-S

トラックの特性を解析して、EQカーブを自動生成

税別価格 29,900円

      
ライセンス即時発行:ご入金後、メールにてお届け

数量:

Nugen Audio SEQ-Sは、モノ、ステレオ、MSから7.1chまでのソースに対応、リアルタイムでスペクトラム表示が可能な、パワフルなリニア・フェイズEQで、ユニークな「EQマッチング」機能を装備しています。従来のパラメトリック・インターフェイスでは得られなかった驚異的な解像度で、あらゆるソースを整え、求めるサウンドを得ることができるEQです。

詳細なスペクトラム分析結果をを参考に、EQカーブを直接書き込むことが可能なインターフェイスを使って、オーディオをファインチューンする部分を特定します。音の周波数分析結果の差から最適なEQカーブを導き出す、EQマッチング機能は、他のEQプラグインには見られないSEQ-S独自の機能です。

別々のテイクのフレイバーをマッチさせる

SEQ-Sなら、リファレンスにしたいオーディオ・トラックを選択、そのトラックの任意のセクションで周波数分布のフレイバーをキャプチャー、そのフレイバーをいま作業しているトラックに瞬時に当てはめることができます。

異なる録音テイクの微妙な音質の違いや、マイクロフォンの位置による音の変化をマッチさせたいとき、レストレーション後のファイルの調和をとりたいときに、このSEQ-Sの「EQマッチング」機能を使わない手はありません。

完璧な「音のスペース」を作る

EQ Invertコントロールは、従来のEQでは煩雑な作業になりがちな、トラックどうしの帯域の「かぶり」を最小限に抑える作業を、簡単に行える便利な機能です。ボーカルトラックをサンプリングし、その周波数特性と反対のEQカーブをバッキングトラックに適用することで、不自然にバッキングの音質を変えることなく、ボーカル用の「音のスペース」を作ることができます。

高解像度の低域コントロール

他のリニア・フェイズEQと違って、SEQ-Sはユニークなクオリティー調整機能を備えています。この設定により、低域で非常に正確なコントロールが可能になり、ミックスを濁らすことなく、とても透明度の高い調整を行うことができます。解像度はタスクによって変更可能で、マスタリングには最高の解像度を、大規模なミックスでEQを多用する場合は負荷の軽い解像度を選択するなど、目的に応じて使い分けることができます。

特徴
・ 位相ずれを起こさないクリアなサウンド
・ シャープなトランジェント
・ 位相の変化は皆無
・ 異なる録音テイクと録音環境による音の違いをマッチさせる機能
・ モノ、ステレオ、5.1chと7.1chのソースに対応
・ 別のトラックの周波数特性を解析するための、Nugen Sendプラグイン付属
・ EQカーブを反転させ、音のスペースを作る
・ Mid / Sideオプション
・ 個々のサラウンド・チャンネルにアクセス
・ 簡単に複雑なEQカーブを生成可能
・ カーブのスケールとスムージング
・ 直感的なズーム機能

さらに詳しい情報はこちら >>

?SEQ Equalizer チュートリアル

関連商品