Media Integration
オンラインストア

0
並び替え
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • 新しいものから
  • 古いものから
  • 製品名(A→Z)
  • 製品名(Z→A)
  • 人気のアイテム

 

SuperPlate
  • SuperPlate

Sound Toys

SuperPlate

Electromechanical Plate Reverb - 5つのクラシックなプレートリバーブモデルによる無限の可能性

24,900円(税込)

22,636円(税別)

0

ポイントについて詳しくはこちら
      
入荷次第シリアル納品:
ご入金後3営業日以内に、メールにて納品(ご入金後メーカー発注。オンライン納品のため、配送はございません)

数量:

12回までの分割払い弊社負担
金利手数料0円

期間限定

月々約 XXXXX

ショッピング・ローン決済について詳細はこちら

※上記のお支払い価格は18回払いの例となります。
注文完了後にお支払い回数や頭金などを設定していただくことで月々のお支払い金額が決まります

Electromechanical Plate Reverb - 5つのクラシックなプレートリバーブモデルによる無限の可能性

SuperPlateは、5つのクラシックなハードウェア・プレート・リバーブのユニークなトーン・キャラクターをプラグイン・エフェクトとしてお使いのDAW上で再現します。

オリジナルのような巨額の投資や重い負担なしに、存在感のあるリバーブ・トーンをあなたのスタジオで実現できるということです。その高度なアルゴリズムは、ソフトウェアとは思えないリアリズムと多様性を実現し、低域から高域まで、甘美で広がりのあるエフェクトを作り出します。

SuperPlateの中核をなすのは、歴史的なハードウェア銘機である5種のユニットです。EMT 140、EMT 240、Audicon、Stocktronics RX4000、そしてEcoPlate IIIのハードウェア・リバーブユニット実機を綿密なモデリングで再現しています。

また、SuperPlateは単に実機のモデリングを行っただけの製品ではありません。せっかくプラグイン化するのですから、ソフトウェアならではの、独自の使いやすさも追求するべきでしょう。
SuperPlateに用意されている、Tube、Solid-State、Cleanの3種類のアナログ・カラーリングは、SuperPlate内のあらゆるスタイルと組み合わせて使用することができます。無限のDecayタイム、内蔵プリディレイ、拡張モジュレーションコントロール、詳細なトーンシェイピングを可能にするフル機能EQ、Decayタイムを調整してオーバーラップやビルドアップを抑えるユニークなDecayダッキングオプションなど、幅広いモダンデジタル機能を搭載しています。

オーディオサンプル - Demo

下記動画よりそれぞれオーディオサンプルがご試聴いただけます。

プリアンプの選択

すべてのプレートリバーブは、電気的な音波をプレートリバーブデバイスの物理的な振動に変える「ボイスコイル」を駆動するプリアンプが使用されています。SuperPlateには、TubeとSolid-Stateの2種類のプリアンプモデルとCleanモードが搭載されており、それぞれSuperPlateのどのスタイルにも組み合わせて使用することができます。

  • ・Tubeモードは、初期のEMT 140プレートで使用されていたオリジナルのEMT V54プリアンプをモデルにしており、リバーブに入る前にサウンドに少し(またはかなり)ハーモニックなスパイスを加えるために使用できます。
  • ・ソリッドステート・モードは、EMT 140の後期バージョンに採用されたEMT 162プリアンプをモデル化したものです。このモデルにはコンプレッサーが内蔵されており、リバーブに入るまでのトランジェントをコントロールし、落ち着かせるために使用することができます。
  • ・SuperPlateのCleanモードは、プリアンプのモデリングをすべて取り除き、高調波歪みやダイナミクスを追加することなく、様々なプレートモデルの純粋なサウンドを維持します。

"呼吸をさせる"リバーブ

SuperPlateのユニークなオートDecay機能は、入力信号が調整可能なスレッショルドを上回ると、Decayタイムを短縮して希望の「ターゲット」設定にします。この機能は、サウンドをクリアに保ち、パンチの効いたトランジェントが過剰なリバーブ・テイルに押されるのを防ぐために重要です。リカバリースピードコントロールと組み合わせることで、音楽のテンポに合わせてリバーブを呼吸させることができます。

リバーブのテイル(尾)を引き締める

SuperPlateに内蔵されたフィルターとEQにより、リバーブをミックスに合うように簡単に調整することができます。ローカットフィルターは、低域のエネルギーが過剰に蓄積されるのを防ぐのに不可欠であり、ハイカットフィルターは、リバーブが原音に自然に溶け込むように使用することができます。2つのパラメトリック・バンドは非常に柔軟で、中域の響きを和らげたり、高域の艶を加えたりするのに使用できます。

製品の特長

  • ・5種類のアナログプレート・スタイル
  • ・3つのプリアンプオプション
  • ・インフィニット・Decay
  • ・内蔵型プリディレイ
  • ・モジュレーションコントロール
  • ・Decayダッキングオプション
  • ・フル装備のEQ
  • ・本商品SuperPlateを購入すると、Little Plateが付属します

歴史的銘機のトーンを忠実に再現

SuperPlateは、5つのプレートスタイルそれぞれの音色特性とユニークなサウンドシグネチャーを正確に再現しています。1つのプラグインに、総重量1450ポンド(659kg)、330立方フィート(9.4m3)のプレートリバーブの進化を詰め込みました。

5種類のアナログプレート・モデル

STOCKTRONICS

STOCKTRONICS(ストックトロニクス)のRX4000(1978年製)をベースにしています。RX4000は、我々が知る限り唯一のスウェーデン製プレートで、"内部結晶の減衰特性が低い"スチール合金プレートを使用しており、非常に特徴的な伸びやかな高域特性を実現しています。つまり、このプレートには「活力」があるのです!ビデオを見る(youtubeへ)

E. PLATE III

EcoPlate III(1982年頃)をベースにしています。EcoPlate IIIは、EcoPlateシリーズの3番目で、最小のバージョンです。3つのエコプレートバージョンは、すべてジム・カニンガム氏がデザインしました。EcoPlateシリーズは、ステンレス合金を使用して残響を作り出し、3つのバージョンとも非常に明るく広々としたサウンドを持っています。ビデオを見る(youtubeへ)

CLASSIC 140

最も有名で、商業的に成功した最初のプレートリバーブであるEMT 140(1957年)をベースにしています。冷間圧延鋼板のプレートを金属フレームに吊り下げて作られたもので、伝説によると、この鋼板はウェールズのある特定の鉱山のものだったそうです。EMT 140は長年にわたりスタジオのスタンダードとして使用され、プレート・リバーブについて語るとき、ほとんどの人が参考にするものです。ビデオを見る(youtubeへ)

GOLDFOIL 240

EMT 140の後継機であるEMT 240(1970年)をベースにしています。EMT 240は厳密にはプレートではなく、よりコンパクトでポータブルなリバーブを実現するために設計されました。鉄板の代わりに24金の薄い箔を使用し、独特のダークでタイトなサウンドを作り出しました。ビデオを見る(youtubeへ)

AUDICON

別名"ローソンプレート"とも呼ばれるAudiconの「The Plate」(1971年頃)をベースにしています。ナッシュビルのジーン・ローソン(ローソン・マイクロフォン)が、オリジナルのEMT140を買えない人のために、より経済的なプレートリバーブとして設計したものです。テネシー州メンフィスにあるコンソールメーカーAuditronics社によって製造されました。ビデオを見る(youtubeへ)

製品仕様・動作環境

オペレーティングシステム

  • Mac: Mac OS X 10.12 以降※
  • Windows: Windows 7 以降
  • ※Apple SiliconおよびVST 3に対応

プラグインフォーマット

  • AAX Native、AAX AudioSuite、VST 2、VST 3、Audio Units (AU)

対応するホスト

この商品に似ているおすすめ商品

売上ランキング