Media Integration
オンラインストア

0
並び替え
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • 新しいものから
  • 古いものから
  • 製品名(A→Z)
  • 製品名(Z→A)
  • 人気のアイテム

 

SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box)
  • SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box)
  • SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box)

Sonarworks

SoundID Reference for Multichannel with Measurement Microphone (retail box)

通常価格:110,000円(税込)

110,000円(税込)

100,000円(税別)

0

ポイントについて詳しくはこちら
      
  • 測定専用マイク同梱
  • パッケージ版、郵送にてお届け
在庫数:あと 9 点: 2営業日以内に発送(土日、祝を除く)
在庫数を上回る数量をご注文時、不足分は約60日で発送予定

数量:

12回までの分割払い弊社負担
金利手数料0円

期間限定

月々約 XXXXX

ショッピング・ローン決済について詳細はこちら

※上記のお支払い価格は12回払いの例となります。
注文完了後にお支払い回数や頭金などを設定していただくことで月々のお支払い金額が決まります

マルチチャンネル対応スピーカーキャリブレーション

SoundID Reference for Multichannelは、シンプルなステレオから9.1.6atmosシステムまでのスピーカーセットアップに正確で信頼性の高いリファレンスサウンドを提供します。また、ヘッドホンにも対応しており、増え続けるヘッドホンのプロファイルデータベースから480以上のヘッドホンモデルをキャリブレーションして、ヘッドホンとスピーカーの間で一貫したリファレンスサウンドを実現することができます。

特徴

信頼性が高く、安定した、使いやすい、すべてのオーディオシステムのためのキャリブレーションソフトウェアです。

  • ステレオから9.1.6チャンネルまでのオーディオシステムの正確なスピーカー測定とキャリブレーションを行います。
  • 高精度SoundID基準測定マイクロホン、個別のマルチアングル校正カーブ付き
  • 480以上のモデルですぐに使えるヘッドホンキャリブレーション

目標とする音をコントロールする。

  • 全世界で10万人以上の音楽クリエイターが使用するフラットなターゲットカーブ
  • キャリブレーション周波数範囲の制限やターゲットカーブの手動調整により、ターゲットをカスタマイズすることが可能

高性能で柔軟性がある。

  • マルチチャンネル用ゼロレイテンシー・プラグインDSP
  • 高精度時間遅延校正のためのチャンネル間位相調整機能
  • アップルシリコンプラットフォーム/M1チップのネイティブサポート

対応ハードウェアにキャリブレーションプロファイルを書き出す。

  • SPQ DSPを搭載したAVID MTRX
  • AVID MTRXスタジオ
  • SPQ DSP搭載DAD AX32
  • Dolby Atmos Renderer マスタリングスイート
  • ジョーンズ・スキャンロン スタジオモニター
  • 2022年にはさらに多くのハードウェアをサポート

同梱物

  • 製品ライセンスのアクティベーションキー:3台のマシンで製品をアクティベートして使用することができます。
  • SoundID Reference マルチチャンネル用DAWプラグイン(AAX, AU, VST2, VST3)
  • SoundID Reference ステレオ用スタンドアロンアプリ(ASIO, WASAPI, APO, HAL)
  • SoundID基準測定用マイクロホン(XLR接続、個別キャリブレーションプロファイル付き
  • Ø21~26mmマイクロホン用クリップ、5/8インチねじ込み式

システム要件

  • Mac:macOS 10.14; 10.15; 11 Big Sur; 12 Monterey
  • PC:Windows 10; 11
  • マルチチャンネル・システム測定用マイクスタンド
  • スピーカー測定時のオーディオインターフェース要件
  • +48v ファンタム電源対応
  • 入出力に同じオーディオ・インターフェイスを使用すること
  • オーディオインターフェースは、以下のサンプルレートフォーマットのいずれかに対応し、設定されている必要があります。44.1kHz, 48kHz, 88kHz, 96kHz, 192kHz
  • オーディオハードウェアのセットアップは、単一の外部ハードウェアデバイスのみで構成されている必要があります(追加のプリアンプユニットはサポートされています)。

売上ランキング