Media Integration
オンラインストア

0
並び替え
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • 新しいものから
  • 古いものから
  • 製品名(A→Z)
  • 製品名(Z→A)
  • 人気のアイテム

 

SP-DI500
  • SP-DI500
  • SP-DI500
  • SP-DI500

Sym・Proceed

SP-DI500

SP-MPシリーズの 比類無きトランジェントサウンドを楽器にも

通常価格:127,600円(税込)

127,600円(税込)

116,000円(税別)

0

ポイントについて詳しくはこちら
会員登録済みの方はログイン
      
在庫35点あり:2営業日以内に発送(土日、祝を除く)
在庫数を上回る数量をご注文時、不足分は約40日で発送予定

数量:

MIオンラインストアでは12回まで無金利でローン支払い可能です!各種お支払い方法についてのご確認はバナーをクリック/タップしお進みください。


現代にこそ必要とされる進化したDI & プリアンプ

高解像度化が進んだ現代のレコーディング環境に必要な幅広い帯域と素速いレスポンスを実現した楽器用DI & プリアンプです。

従来のDIでベースに生じる「ピッチが不明瞭」などの音質面での問題はDI、プリアンプの周波数帯域とレスポンスのパフォーマンス不足によるもの。より音量が大きい低域ではこれは顕著となり、ベース、中でもローB、更に低いG♭までを出す多弦ベースやシンセベースでの課題となっています

di500_front
di500_sample

表現をクリアに捉えるレコーディング

SP-DI500は極めて幅広い周波数特性とナノ秒単位の素速いレスポンスによる原音への忠実性に優れ、トップ・エンジニア、クリエイターから高評価を受けているマイク・プリアンプSP-MPシリーズの技術を踏襲。

素早いレスポンスとローB(30.87Hz)、G♭(23.12Hz)はもちろん、Bösendorfer Model 290 Imperialなどの88鍵ピアノの更に1オクターブ下の最低音(16.35Hz)までをカバーする周波数特性により、クリアで安定したピッチ、タイトな低域が得られます。

高域も楽器の音域をはるかに超える4MHzまでフラットなレスポンス。サンプリング・レートが784kHzであっても忠実にAD変換可能。今までは気付くことがなかった弦の響きまでを再生。楽器の本来の音色とプレイヤーの演奏から生まれるトーン、ニュアンスまでの表現を余すことなくレコーディング可能です。

di500_left_side
di500_right_side

際立つ解像度が露わにする楽器本来のトーンとプレイヤーの表現。

graph1

周波数特性

緑:Hot 赤:Cold

1Hzから4MHzを超える周波数まで、レベル、周波数特性に認識可能な誤差がありません。

graph2

スルーレート

緑:Hot 赤:Cold

0Vから正負対称。立ち上がりのスピード、電圧値(出力レベル)に誤差がありません。

特徴

  • 最大ゲイン:33dB (バランス出力)
  • 3段階 インプット・インピーダンス・セレクター: 2M, 100k, 10k
  • 3dBステップ・ゲイン・セレクター
  • 超低域までフラットなため多弦ベース、シンセベースに最適
  • ハイ・カット・フィルター搭載: OFF, 2kHz - 24kHz (バランス出力)
  • 楽器用アンプ用アンバランス出力 (ゲイン:0dB, +6dB, +12dB)
  • フロントパネル楽器用入力 (優先)
  • バランス出力のホット、コールドに認識可能な誤差なし
  • ベース、シンセベース、キーボード、ギターのライン録音に最適

>>製品についてさらに詳しくはこちら

売上ランキング