Media Integration オンラインストア

0

LCT 640 TS

LEWITT

LCT 640 TS

レコーディングの「後」に指向性の変更を行えるラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

税別価格 92,407円

      
在庫切れ:40日以内に発送予定

数量:

LCT 640 TSの特長

レコーディングの「後」に指向性の変更を行えるラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

LCT640TSに前後にセットされた2枚のダイアフラムがピックアップした音を独立して出力し、レコーディング可能です。そしてレコーディングの後に無指向性から双指向性にシームレスに切り替え、そしてマイクのディレクションをも180°変更可能な特別なマイクです。本機能により、レコーディング後に必要するサウンドに応じアンビエント量を増やしたり、独創的なステレオ録音手法や、向い合ってのデュエットのレコーディングなどが可能になります。

加えて、収音するソースに対して、マイクのサイドを向けて設置すればLCT640TSのみでMid Side ( MS ) ステレオレコーディングが可能です。フロント側がLとしてリア側がライトとして動作します。そして両シグナルをサミングしますとミッドチャンネルとなります。この手法を最も簡単に得る方法はDAWにてステレオトラックとして入力し、ステレオ幅をコントロールしてください。

 

POLARIZERプラグイン

新開発の”Polarizer”。プラグインをバンドル。本プラグインにてミックスの段階でマイクの指向性をシームレスにコントロール可能です。”Polarizer”は主要フォーマット(VST、AU、AAX)、Mac & Windows 対応です。指向性のコントロールはマニュアルでDAW、ミキシング・コンソールでも可能です。Lewitt FET ラージダイアフラムのフラッグシップ LCT640の基本性能を踏襲しながらも、タイムマシンのように指向性を操ることが可能なマイク。それがLCT640TSです。

 

>>さらに詳しい情報はこちら

 

関連記事

・Tips:Lewitt LCT 640 TS発表!レコーディング『後』でも無指向〜双指向まで極性を自在に操るマイク

・Article:Lewittマイクを使った、ポップスのためのアコースティックギター録音Tips

関連商品