Media Integration オンラインストア

0

自宅でギターをプレイ!「JAM Plus」

自宅でギターをプレイ!「JAM Plus」

自宅で過ごす機会も多い昨今、スタジオでアンプを使っての練習がなかなかできないギタリスト、ベーシストの方も多いのではないでしょうか。とはいうものの、自宅にアンプを導入しようと思っても住宅事情もあり、大音量で演奏はできないなど制約も多いかと思います。

そんな悩みをお持ちのギタリストにおすすめしたいのが、Apogee JAM Plusを中心とした今回のソリューションです。

「最高のアンプ」を「簡単」に自宅でセットアップ

Apogee JAM Plus のセットアップは非常に簡単です。本体とMac/PCをUSBケーブルで接続するだけで、すぐに最高の音質でギターの演奏が楽しめます。本体にはヘッドホン端子も備えているので、ヘッドホンを接続して自分だけの世界にどっぷりと浸ることができます。

爆音で演奏するなら、音漏れを気にしないで演奏に集中できる密閉型の Focal Listen Pro との組み合わせがおすすめです。

jamplus_solution

BIAS Amp2で「マイアンプ」を所有しよう

ギターの音作りにはたくさんのアンプが手軽に使える Positive Grid BIAS Amp2 がおすすめです。

もともと用意されたアンプモデルだけでももちろん楽しめますが、BIAS Amp2ならキャビネットのスピーカー構成はもちろん、真空管などアンプ内部のパーツまで好みに合わせて設定が変更可能。自分だけのオリジナルアンプを、あたかも「自宅にセットアップ」したかのように楽しむことが可能です。

作成したマイアンプは世界中のユーザーと共有できるため、自慢のオリジナルサウンドを公開したり、世界中の「アンプビルダー」が制作した無数のアンプの中から、気に入ったサウンドをダウンロードして保存、演奏することもできます。 そしてそのサウンドはMac/PC、iOS、そしてBIAS mini Guitarなどのハードウェア全てで、垣根を超えて共有できます。自宅PCで制作した自慢のアンプをスタジオ練習、ライブ会場に持ち込んで演奏しましょう。

jamplus_solution2

Plusのオーバードライブで、ブースターも再現可能

JAM Plus は本体にオーバードライブ機能がついているため、入力段で歪みを加えることができます。そのためギター - オーバードライブ系エフェクター - アンプの順で接続したときのような、アンプ手前でゲインを持ち上げてアンプの歪みを引き出す、いわゆる「ブーストサウンド」を手軽に楽しむことができます。

エフェクターは手放してしまってもう手元にないという方も、擬似的にブースターをつないだようなサウンドを再現できるのでおすすめです。BIAS Amp2なら入力段のゲインや、演奏ニュアンスに応じてサウンドがリアルに追従するため、ブーストの効果は絶大です。ぜひラウドなサウンドを自宅でお楽しみください。

jamplus_solution3

iOSデバイスで出先でも演奏

Apogee JAM Plus、Positive Grid BIAS Ampともに、iOSデバイスでも使用可能です。Mac/PCで作成したアンプももちろん共有できるので、旅先でも自慢のアンプサウンドを楽しむことができます。

またスタジオや出先で思いついた最高のサウンドがあれば、それを持ち帰ってDAW上で再現することもできます。

外出時にも手軽に「自分だけのサウンド」でギターの演奏をお楽しみください。

jamplus_solution4