Sonica Instruments

SHO ダウンロード版

Virtuoso Japanese series

Sonica Instruments > SHO ダウンロード版

販売価格:¥29,800 ¥19,370(税込)


Virtuoso Japanese Series第4弾、雅楽楽器の笙がついにソフトウェア音源化




雅楽の三管のひとつ、笙。 17本の竹管をもつその姿から鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれ、その音色はまるで天上から降り注ぐ光。 世界初ともいえる本格的な笙のサンプリングを敢行、遂にVirtuoso Japanese Seriesに加わりました。


主な特徴
• 笙演奏家・石川高氏による演奏を丁寧にキャプチャーしました。
• 笙の全11種の和音と全15本* の竹管を1本ごとに、あらゆる奏法で収録。雅楽から現代音楽まであらゆる音楽シーンで活用できます。
• 笙のための演奏メカニズムを分析し、インストゥルメントモデルを開発。笙独特の和音演奏と単音演奏を自由に組み合わせて演奏可能
• 音が途切れることなく、多彩なアーティキュレーションヘ変化させながら演奏可能なキートリガーコネコション機能
• 本物の笙と同じ配列の指使いで和音や単音程を指定して演奏可能な
• 3種類のキーモードを用意。奏法を表現可能なレガート&装飾音コントロール
• 無段階かつ自然に音色変化を加えるエクスプレション・コントロール
• 演奏者の人数を3人まで増やせるEnsembleセレクターを搭載、雅楽管絃での合奏に対応可能。
• 24bit、96kHzで録音された生々しく力強いサウンド(製品は24bit、44.1kHzで収録)
• マルチマイクで収録、Direct、Overhead、Room、Stereo Mixを個別に専用Mixerでミキシングして音作りが可能

*笙の竹菅は全部で17本ありますが、実際に音が出るのは15本です。







演奏が途切れることなく奏法の変化が可能なキートリガーコネクション

延々と続く持続音が特徴の笙ですが、息遣いによって多彩なアーティキュレーションを表現可能です。そしてそのほとんどが音が持続させながら自然に繋がって変化していきます。このような挙動を再現するキートリガーコネクションを装備、演奏中にキースイッチを入れることで 任意のアーティキュレーションへと自然に変化させることが可能です。


無段階に音色の強弱を表現するエクスプレッション

息の強さで吹き音を自在にコントロール可能。サンプルベースでありながらも、滑らかでダイナミックな息づかいを表現することができるため、さながらィンドコントローラーのような感覚で鍵盤演奏が可能です。


音の立ち上がりをコントロールするブロウスピード

エクスプレッションに加え、息のスピードによる音の立ち上がりスピードに汎用コントローラーでコントロールでき、もたつきのない演奏が可能になります。


ポリフォニックレガート奏法

演奏中に音を積み重ねたり、ある音だけを違う音程に移動させるなど、単音でも和音でも可能なポリフォニックレガート奏法が可能です。複数の竹菅を持つ笙ならではの奏法といえるでしょう。ポリフォニックレガートはSustain Pedalで瞬時にON/OFFが可能です。


笙特有のアーティキュレーションを豊富に収録

ストレート(吹き音/吸い音)、フラッター(吹き音/吸い音)、スフォルツァンド、クレッシェンド、トレモロスロー(吹き音/吸い音)、トレモロファースト(吹き音/吸い音)など、あらゆるアーティキュレーションをChord Tone(合竹)とSingle Tone(一竹)で収録しています。


3人まで増やせる、アンサンブル機能

雅楽の管絃では楽器ごとに複数の奏者が配置され、厚みのあるユニゾン演奏を行います。ソロ、2人、3人のモードを選択でき、各奏者の演奏のずれ具合、配置の広かりをコントロール可能です。


パイプ・インジケーター

複雑な竹菅の配列と発音状態をモニター可能なパイプ・インジケーターを装備。菅の音名が古典音名でわかりやすく表示され、Chord Tone(合竹)演奏時には11種の和音 名も表示されます。また、後述のスケールチューニング・ボックスと連動して動作するため、各竹菅の音を鍵盤の音程でモニタリングでき、とても便利です。


古典の演奏を忠実に再現するキーモード

クロマチック・キー配列のほか、笙と同じ指使いで演奏可能なフィンガリング・キー配列を用意しました。このキーモードでは白鍵を竹菅に見立てています。両手の指を白鍵に置き、まるで15本の竹菅の穴を塞ぐように演奏することができます。 笙の演奏家の方に非常に使いやすいばかりでなく、楽器の理解・学習にも大いに役立ちます。


Chromatic

一般的なクロマチックスケールで発音。シングルトーン15音以外の音程も演奏できるためどんな音 楽にも対応可能です。


Trad. Fingering

白鍵のみにシングルトーン15音を配列。C4より低音側には左手で押さえる菅を順番に配列、D4よ り高音側には右手で押さえる竹菅の音を配列。


熟練した精密な演奏をレコーディング

笙の演奏は石川 高(いしかわ こう)氏。 雅楽演奏グループにも所属しながらもコンテンポラリー音楽にも精通した石川氏の精密な演奏を通して、複雑な笙の楽器構造を分解し、竹菅1本1本を丁寧に録音しました。



特有の演奏表現をリアルに再現する、専用発音メカニズムとインターフェースを開発

合竹(あいたけ)と一竹(いっちく)での演奏を実現
複数の菅を同時に鳴らす11種類の和音(合竹) “Chord Tone”と1本の菅を鳴らす単音(一 竹) “Single Tone”が独立して演奏可能。もちろんアーティキュレーション・コントロールも 独立して行うことが可能です。





パイプ・インジケーター

複雑な竹菅の配列と発音状態をモニター可能なパイプ・インジケーターを装備。 菅の音名が古典音名でわかりやすく表示され、Chord Tone(合竹)演奏時には11種の和音名も表示されます。また、後述のスケールチューニング・ボックスと連動して動作するため、各竹菅の音を鍵盤の音程でモニタリングでき、とても便利です。

古典の演奏を忠実に再現するキーモード

クロマチック・キー配列のほか、笙と同じ指使いで演奏可能なフィンガリング・キー配列を用意しま した。このキーモードでは白鍵を竹菅に見立てています。両手の指を白鍵に置き、まるで15本の竹 菅の穴を塞ぐように演奏することができます。 笙の演奏家の方に非常に使いやすいばかりでなく、楽器の理解・学習にも大いに役立ちます。

Chromatic
一般的なクロマチックスケールで発音。シングルトーン15音以外の音程も演奏できるためどんな音 楽にも対応可能です。

Trad. Fingering
白鍵のみにシングルトーン15音を配列。C4より低音側には左手で押さえる菅を順番に配列、D4よ り高音側には右手で押さえる竹菅の音を配列。



演奏家のご紹介
ko ishikawa

石川高(いしかわ こう)
Ko Ishikawa

1990年より笙の演奏活動をはじめ、国内、世界中の音楽祭に出演してきた。 雅楽団体「伶楽舎(れいがくしゃ)」に所属し、 雅楽古典曲や現代作品を数多く演奏している。 笙の独奏者としても、様々な音楽家、作曲家と共に活動し、また即興演奏を行う。催馬楽など雅楽の歌唱でも高い評価を受けている。 和光大学、学習院大学、沖縄県立芸術大学、九州 大学にて講義を行い、朝日カルチャーセンター新宿にて「古代歌謡」講座を担当している。 2016年には、Festival fur Aktuelle Klangkunst (Trier)、No Idea Festival (Austin)、The Empty Gallery (Hong Kong)、Sounds to Summon the Japanese Gods (Japan Society, New York)、 2017年には、In a Winter garden (Stanford University, California)、Yugenism: Animated Soundscapes of the Japanese Sublime (London)、ISCM World New Music Days 2017 (Vancouver) 等に参加した。



さらに詳しい情報はこちら >>



こちらの商品はライセンス即時発行商品となります。
祝・休日問わず24時間、お支払い後すぐにシリアルナンバーとご利用案内が自動返信メールで送付されます。

※製品ライセンスの在庫状況によっては、数営業日ほどお待ちいただく場合がございます。

発注コード:SNCI006DL JANコード:4533940078687