ISA Two

The Focusrite Heritage Sound

 > ISA Two

販売価格: ¥103,680(税込)


マイクプリアンプは2つあればいい、ただし最高のものでなくては。

Focusrite ISAシリーズの歴史は1985年までさかのぼります。それはジョージ・マーティンが、伝説的コンソール設計者ルパート・ニーブにAIR Montserratスタジオにあったコンソールのための、新しいモジュールの設計を依頼したことに端を発します。そして製作されたモジュール ISA110が非常に優れていたために、ロンドンのAIR Studiosからも同様の依頼がやってきました。これらのオリジナル・モジュールが今日のFocusrite ISAシリーズの基礎となっています。伝説的なサウンドが、世界中のスタジオ、アーティスト、プロデューサー、エンジニアのもとへ届けられたのです。文字通り何百というヒット曲が、Focusrite ISAシリーズを通じて作られ、そして現在へと続いているのです。

2つの伝説的マイクプリ

Focusrite ISA Twoは、オリジナルのISA 110モジュールに搭載されていたマイクプリアンプのうち2つの独立したモジュールを一つのユニットに組み込んだものです、伝統的な最高のソリッドステート電子回路と、ルパート・ニーブ自身が特別に指定したオリジナルのインプット・トランスLundahl LL1538で構成されます。ボーカルと楽器の録音やピアノのステレオ収録など、”Two”は非常に万能な数と言えます。マイクプリは2つしか必要としないとしても、その作りや部品は最高のものでなくてはなりませんね。もしさらに多くのチャンネルが必要なら、 ISA 428 Mk II (4チャンネル)and ISA 828 (8チャンネル)のモデルもご用意しています。

可変式入力インピーダンス

オリジナルのマイクプリに一つだけわずかな調整が行われました。オリジナルのISA 110は固定のインピーダンスに設定されており、それは当時のマイクには理想の設定でもありました。ISA Twoでは3つのインピーダンス設定が追加され、ビンテージからモダンなマイクまで、多彩なマイクで最良の結果が得られるようになりました。ビンテージ・マイクには、その伝統的で暖かなサウンドの求める入力を。モダンなマイクにはかぎりなく透明なサウンドを。もちろんマイクの隠された魅力を引き出すための実験も可能です。さらに80dBを誇るゲインステージで、およそあらゆるマイクに対応することができます。

フロントパネルのインストゥルメント入力

マイクプリのほか、ISA Twoにはフロントパネルにはインストゥルメント・レベルに対応する入力が設けられ、ギター/ベースなどをすぐに接続することができます。リアパネルにはライン入力と、合わせてバランス・インサートポイントも用意されており、フロントパネルから有効化してEQやダイナミクスを始めとするアウトボード機器のインサートが可能となっています。これらに加え、キャリブレートされた8つのLEDメーター、可変式カットオフを持つハイパスフィルターも備えます。ISA Twoはレコーディングにおけるあらゆるニーズに、最高のクオリティで応えます。

さらに詳しい情報はこちら >>

発注コード:ISATWO JANコード:4533940074344