Sonarworks

Sonarworks Reference 3 Systemwide Upgrade - download

Reference 3 – SYSTEMWIDE UPGRADE

Sonarworks  > Sonarworks Reference 3 Systemwide Upgrade - download

販売価格: ¥6,800(税込)


Reference 3 をさらにアップグレード。あらゆる音源を、ひとつのリファレンスに。

本製品のみではご利用いただません。Speaker/Headphone/Suite(Speaker & Headphone)のいずれかのReference 3ソフトウェアが必要です。OS上のあらゆる音声に対応可能に。

Reference 3 Systemwideアップグレードは、OSから出力されるあらゆる音声をキャリブレートします。信頼に足るサウンドの基準をDAW以外でも利用することができ、プロダクションと同じリファレンス・サウンドのシームレスな連携が実現します。もう作り込んだキック・サウンドやSoundcloud上のビートの鳴り具合をチェックするために、DAWプロジェクトにサウンドファイルをドラッグする必要はありません。



Systemwideアップグレードの利点

リファレンス・サウンドのリスニングをかつてないほど簡単に

Systemwideは、DAWを使うことなくあらゆるオーディオ音源を中立なリファレンスサウンドに補正します。プラグインに対応する必要もありません。どこからでもReference 3の補正を通した聴くことができ、例えばDAWとSpotify上のサウンドの比較もこれまでになく素早く、簡単に行なえます。

設定したら、あとは再生するだけ

Sysytemwideの設定は、Reference 3プラグインと共に動作するようカスタム開発されているため、使用方法も簡単かつ安定しており、キャリブレーションを二重に掛けてしまうこともありません。Reference 3がプラグインとして動作している場合はこれを検知して自動でオフになります。

リファレンス・サウンドを、日々の音楽生活に

オーディオのすべてを完全に一貫した再生環境で。音楽を制作しているときも、もしくはお気に入りのミックスをMixcloudで再生するときも、Sysytemwideがあれば、オーディオのあらゆるディテールを見失うことはありません。




卓越したサウンドを、かつてないイノベーションで届ける

Reference 3は、長年の研究から開発され、特許申請中の革新的かつ精密なテクノロジーから生まれたツールです。

スピーカーの音響測定は、革命的な測定コンセプト、音響強度認知周波数特性 (PAPFR)の解析と、エラーと無縁の自動マイクポジション検知システム(AMPS)によって実現されています。

特徴
• OSシステムに常駐し、システムの出力に対してReference 3によるキャリブレーションを適用可能
• ヘッドフォン/スピーカーいずれにも対応
ご注意: Systemwideアップグレードの使用には、製品版またはデモ版で動作可能なReference 3プラグインが必要です。Systemwideはデモ試用版で30日間ご利用いただけます。

さらに詳しい情報はこちら >>


注意事項
スピーカーキャリブレーション時にはファンタム供給が可能なマイクプリアンプ、オーディオインターフェイスが必要です。
発注コード:SW3SY JANコード:4533940073507