Sample Modeling

The Cello ダウンロード版

The new SWAM S line

Sample Modeling > The Cello ダウンロード版

販売価格: ¥20,304(税込)


ストリングス専用プラットフォーム、SWAM engine S

The Celloは、SWAM-Samplemodelingのコラボレーションから生まれた最新のプラットフォーム”SWAM Engine s”を採用する、ソロ・ヴィオラをモデリングしたプラグイン・インストゥルメントです。

Stefano Lucato – Emanuele ParraviciniとSamplemodelingにより共同開発されたSWAM(Synchronous Wavelength Acoustic Modeling)engineは、これまでも様々な木管・リード楽器をヴァーチャル・インストゥルメントに再現してきました。SWAM-Samplemodelingチームは、現実の楽器における物理的な振る舞いに限りなく近づくよう、SWAM engineの開発を推し進めてきました。これはさらに大きなゴール、ソロ弦楽器モデリングに欠かせないものだったからです。

その成果が、新しいプラットフォーム”SWAM engine S”に結実しました。



サンプル+物理モデリングによる豊かな表現力、限りなく現実に近いチェロの音色。

SWAM engine Sを採用した初の製品The Violaリリース後、Sample Modeling=SWAMが次が手がけるべき弦楽器は、チェロ以外にはあり得ませんでした。何年もの時間をリサーチと開発と微調整に費やし、現実の楽器のサウンドにかかる、およそあらゆる要素が、このバーチャル・チェロには導入されています。弓を弾くスピード、圧力、ボウイングの方向、ブリッジからの距離、これらがすべて演奏者からコントロールすることができるのです。演奏される弦の共鳴、オープン・ストリングの共鳴、ロジンや弓によるノイズ量、アタックの鋭さ、アタック、リリース双方のボウ・リフト(オン/オフ・ストリング)、指板上のポジションなど、数多のパラメーターが個別に調整可能です。各パラメーターにはMIDI CCをアサインし、リアルタイムに操作できます。

特徴

ノンリニアなエクスプレッションのマッピング、アタック・エンベロープ、弓のモード変更のトリガー方法、レガートとポルタメント、ビブラート・レート、トレモロのモードとスピード、そして弦ごとのチューニングとマイクロ・チューニングまで、Options画面ではより詳細なパラメーター調整が可能です。  


The Celloのパラメーターは、MIDIを介してリアルタイムに操作することができます。下記のMIDIコントロールチェンジ(CC)が、The Celloの動作・演奏には必須となります。

全てのパラメーターは、MIDI Mappingのオプション画面、またはラーン機能でMIDICCにアサインすることが可能です。チャンネル・アフタータッチ(AT)も、弓の圧力(bow pressure)やビブラート・レート(vibrato rate)などのパラメーター操作に使用することができます。MIDIの値は、最小-最大値をそれぞれ個別に設定(リスケール)し、変化の幅を微調整することができます。

ブレス/ウインド・コントローラーに対応

The Celloの演奏には、MIDIキーボードの他にペダルやMIDIコントローラーなど、連続的なMIDI CCを出力するデバイスが必須となります。ブレス・コントローラー、ウインド・コントローラー(Akai EWI USB/4000、Yamaha WX5など)をお持ちの方は、さらに自然な演奏が可能です。

キーボード、ウィンドコントローラー、ブレスコントローラー用のプリセットを選択することができます。 

さらに詳しい情報はこちらから >>


SWAM engine Sインストゥルメント共通チュートリアルビデオ(英語版)

 


こちらの商品はライセンス即時発行商品です。
祝・休日問わず24時間、お支払い後すぐにシリアルナンバーとご利用案内が自動返信メールで送付されます。

※製品ライセンスの在庫状況によっては、2~4営業日ほどお待ちいただく場合がございます。
在庫状況は、販売価格の下部にある表記からご確認いただけます。
在庫がある場合、「在庫有り:シリアル即時発行/Emailにてお届け」
一時在庫切れの場合、「ダウンロード販売(2~4日営業日以内にEmailにてお届け)」と表記されます。


発注コード:SMCELLO JANコード:4533940071008