/* Lewitt Brand Logo */

LEWITT GmbH

LCT 640 TS

Change pattern in post-production

LEWITT GmbH > LCT 640 TS

販売価格: ¥99,800(税込)


レコーディングの「後」に指向性の変更を行えるラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

マルチ・パターンで卓越した音質のラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク。一見、Lewittのラインナップに新たに加わったコンデンサー・マイクに見えるLCT640TSはレコーディングの後に指向性の変更を可能とした革新的、そしてレコーディングの概念をも変える可能性を秘めたマイクです。




LCT640TSに前後にセットされた2枚のダイアフラムがピックアップした音を独立して出力し、レコーディング可能です。そしてレコーディングの後に無指向性から双指向性にシームレスに切り替え、そしてマイクのディレクションをも180°変更可能な特別なマイクです。本機能により、レコーディング後に必要するサウンドに応じアンビエント量を増やしたり、独創的なステレオ録音手法や、向い合ってのデュエットのレコーディングなどが可能になります。




加えて、収音するソースに対して、マイクのサイドを向けて設置すればLCT640TSのみでMid Side ( MS ) ステレオレコーディングが可能です。フロント側がLとしてリア側がライトとして動作します。そして両シグナルをサミングしますとミッドチャンネルとなります。この手法を最も簡単に得る方法はDAWにてステレオトラックとして入力し、ステレオ幅をコントロールしてください。




加えて新開発の”Polarizer”。プラグインをバンドル。本プラグインにてミックスの段階でマイクの指向性をシームレスにコントロール可能です。”Polarizer”は主要フォーマット(VST、AU、AAX)、Mac & Windows 対応です。指向性のコントロールはマニュアルでDAW、ミキシング・コンソールでも可能です。Lewitt FET ラージダイアフラムのフラッグシップ LCT640の基本性能を踏襲しながらも、タイムマシンのように指向性を操ることが可能なマイク。それがLCT640TSです。




専用ミリタリー・グレード・ケース、LCT 40 SHxショックマウント、LCT40-Wxウインド・シールド、LCT 40 PSx ポップ・フィルター、DTP 40 Lbレザー・バッグ付属

特徴
• 1” 極薄( 3ミクロン)ゴールド・レイヤード・ローマス・ダイアフラム搭載によりトランジェントまで忠実に収音
• ナチュラルでオーセンティックな音質を実現するフラットな周波数特性
• デュアル・ダイアフラムにより1本でMSレコーディングやデュエットをシンガーが向かい合った状態で収録可能
• 単一指向性から双指向性まで5タイプのプリセット指向性とその中間のキャラクターを設定可能
• レコーディング後にマイクの極性を180° 反転可能
• 付属のミニ XLRよりデュアル出力可能
• ミックスの段階でマイクの指向性をシームレスにコントロール可能なプラグイン”Polarizer”をバンドル。Mac & Windows (VST、AU、AAX)対応
• アッテネーション、ハイパス・フィルターをノイズレスで素早くコントロール可能なプッシュ・ボタン
• 高音圧に対応可能な4ポジション・アッテネーション・パッド(0 dB, 6 dB, 12 dB, 18 dB)及び 4ポジション・ハイパス・フィルター搭載
• 暗い環境でも操作性に優れたイルミネーテッド・ユーザー・インターフェイス
• 耐久性に優れた亜鉛ダイキャスト製
• ボディマイク本体のノイズを削減する内部ショックマウント
• 防錆ゴールド・プレーテッド3ピン XLR出力コネクター

さらに詳しい情報はこちらから >>


レコーディング「後」に指向性パターンを変更?LCT 640 TSでしか得られない利便性

2枚のダイアフラムを装備し1台のみでステレオレコーディング、M/Sレコーディングそして、本体に付属するプラグイン、Polarizerを使用することでマイクの指向性をレコーディング「後」に変更までが可能。そして、通常の使用方法でも最高の質感とサウンドを誇るLCT 640 TSを様々な使い方でアーティストのパフォーマンスを抑えたレポートをお届けします。

発注コード:LCT640TS JANコード:4533940069562