MIオンラインストア店長ミヤホンが、独断で定めたシャンルから、オススメ製品を選びに選び抜いてご紹介。毎週水曜日に更新!

時には「ちょっとやり過ぎでは・・・」と思うくらいにパラメーターを振り切った設定が、活き活きとしたサウンドを作り出すうえで有効だったりしますよね。かくいう私も、原音が何だったか想像もつかなくなるくらい、むちゃくちゃな音を作り出したくなることがあります。今回は、「むちゃくちゃ過激」なんだけど、なぜか楽曲に「ハマる」音。そんな音を作り出せるプラグイン3種をご紹介いたします。






Sound Toys
PhaseMistress

フェイザーをかけた時の「エグさ」が欲しいけど、かけたらかけたで、曲になじまない締まりの無いサウンドになってしまう。フェイザーは派手な使い方の難しいエフェクトの一つですよね。中には、細かな変化を生み出すために、それぞれ違う設定のフェイザーを通したトラックを複数用意して重ねるといった使い方もあるようです。そんな中、Phase Mistressは「過激に踊る」活き活きとしたサウンドを生み出せるフェイザー・プラグイン。過激にかけても色気は損なわず。テンポ同期どころかフェイザー・モジュレーションのシェイプやリズムエディット、さらにはスウィングまで指定できるのがその特長です。ハットにかけて瞬間瞬間に激しくうねらせ、独自のグルーヴを生み出したり。パッドサウンドにサイドチェーンとは一味違う、さらに一捻り加えたサウンドを生み出したり。フェイザーであってフェイザーではない、独特のグルーヴを生み出すプラグイン。それがPhase Mistressです。
製品について詳しく>>






Nomad Factory
ECHOES

さりげないエコーも良いですが、原音が霞んでしまう強烈なエコーで印象深いサウンドを生み出すのも、エコーならではの醍醐味。MIXパラメータを思い切って「ECHO」に振り切ってしまいましょう。エコーで「過激に汚す」なら、こいつがオススメです。過激にかけてもデジタル臭さを感じないのは、開発者バーニー・トレリ氏の機材愛ゆえでしょうか。伝説的なテープディレイ Maestro 「Echoplex 1/Echoplex 3」が元になったPLX-1/PLX-1。オイル缶エコーの名機 Tel Ray「Echo」を元にしたOILCAN。アナログ・ディレイ・ペダルの代名詞とも言えるElectro Harmonix 「Deluxe Memory Man」を元にしたEHX-DMなど、個性豊かなモデルを収録。それぞれの個性を活かすため、モデルごとにツマミの内容も変化してくれます。エコーで「汚す」という使い方なら、ECHOESがピッタリです。
製品について詳しく>>






FXpansion
Bloom

モジュラー・シンセをご存知でしょうか。様々な役割を持つモジュールを組み合わせ、音の経路を自由自在に変更できる。掛け合わせ方次第では、まるで生き物のように変化し続けるサウンドが生み出せる。それがモジュラー・シンセの魅力の一つ。Bloomには、そんなモジュラー・シンセにも似た特長的な機能が存在します。2系統のLFOはもちろん、ステップ・シーケンサーだけでも3系統用意されており、それぞれをディレイ/リバーブ系のパラメータのほか、EQ、コーラス、ドライブ、サチュレーションなどに好きなように割り当てることが可能。 「FeedBack」でも「Delay Time」でも「Drive」でもほぼ全てのパラメーターをモジュレーションできるので、 延々と変化し続ける「過激にうねる」サウンドも生み出せます。 マルチエフェクトの枠には収まらない動的なエフェクト・プロセッサー。それがBloomの魅力です。
製品について詳しく>>




商品一覧



バックナンバー