MIオンラインストア店長ミヤホンが、独断で定めたシャンルから、オススメ製品を選びに選び抜いてご紹介。毎週水曜日に更新!

今回のテーマは、ずばり「エキゾチック・ジャパン」です。
海外から見た日本らしさ、日本人にとって馴染み深いという意味での日本らしさ。そんな「らしさ」あふれるオススメ製品をご紹介いたします。






FXpansion & Sonica
Kabuki & Noh Percussion

「コンチキ」という楽器をご存知でしょうか。「駅路」や「団扇太鼓」は実はどこかで聴いたことがある音かもしれません。Kabuki & Noh Percussionは日本の伝統的な打楽器を豊富に収録するBFDシリーズ(BFD製品ページリンクを)専用の拡張音源です。ドンッと舞台を足踏む「足拍子」や、お化けの登場シーンでおなじみの「ヒュードロドロ」まで再現できてしまう徹底ぶり。お祭りやチンドンでおなじみの鳴り物 「コンチキ」や「当たり鉦」などてんこ盛りです。本製品、Kabuki & Nohというタイトルではありますが、実際のところは歌舞伎や能に限らず、日本に古くから伝わる打楽器のほとんどがそろってしまいます。伝統的な楽器だからといって、伝統的な楽曲にしか使えないというわけではありません。余計なルームアンビエンスも極限まで排除されているので、ロックやポップス、テクノやEDMなどにも使い方次第でカッチリとハマります。
Kabuki & Noh Percussionについて詳しく>>






Synthogy
Ivory II Upright Pianos

日本をテーマにした本企画で、なぜアップライトピアノを取り上げたのか。その理由は「Yamaha U5 Modern Upright」にあります。
アップライトピアノは、そのコンパクトさから日本の家庭で広く普及し、日本人にとって馴染み深いものとなりました。Yamaha U5は1961年から1974年まで生産され、アップライトらしい明るく伸びがあるサウンドが特徴的。そのサウンドは、ロックやポップスにも馴染みやすく、「今」だからこそモダンな響きを感じさせます。その響きから、ビートルズやレディオヘッドなど「あえてアップライトを選ぶ」アーティストも多く存在するほど。Ivory II Upright Pianosには、Yamaha U5のほかにも、4種類のアップライト・ピアノを収録しています。
Ivory II Upright Pianosについて詳しく>>






MODARTT
Pianoteq Free Add-ons Tubular bells

「ドシラソ、ドシラソ、ドミレ」。日本人にはなじみ深い「あの音」も再現できるPianoteqシリーズの無償拡張音源。
チューブラーベルをご存知でしょうか?NHK「のど自慢」の合格/失格時に鳴り響くあの鐘の音です。リアルさと動作の軽快さを兼ね備えるピアノ音源、Pianoteqシリーズには、ピアノはもちろん、日本人にとってなじみ深くも珍しいチューブラーベルや、古代の弦楽器をモデルとする「テーブルサッカー」のような見た目のツィンバロムなど、無償の拡張音源も豊富に用意されています。無償音源のほかにも、エレピやピアノ、ヴィブラフォンやスティールパンなど、さまざまな楽器を最新のフィジカル・モデリング方式で再現できる拡張性の高さが嬉しいPianoteq、オススメです。
Pianoteq Free Add-ons Tubular bellsについて詳しく>>




商品一覧



バックナンバー